ebayのShipping Policyで損をしない配送料を設定しよう!

 

こんにちは、転売のプロを育てる専門家のかげとらです。

 

 

ebayで出品時に検索上位表示されやすいFree Shipping(送料無料)で設定する方も多いと思いますが、重い物を販売した時にヨーロッパ等の遠い国への送料が気になる方もいると思います。

Shipping Policyを利用することで、送料を地域別に別けて設定できるので遠い国に売れても安心出来ます。

 

転売初心者
重いものでヨーロッパに売れても損をしたと思わないで済む!

 

今回はebayのShipping Policyで損をしない配送料を設定しよう!を紹介します。

 

Shipping Policy(シッピングポリシー)の設定方法を解説

 

 

 

動画を見ながら設定したい方はこちらをご覧ください。

かげとら
記事で見たい方はこのまま読み進めてください!

 

 

設定方法です。
My eBayをクリック

 

 

Accountをクリック

 

Business Policiesをクリック

補足
Business Policiesのリンクがある方とない方がいます。

無い方はこちらから進んでください。

 

Create policyをクリック⇒Shippingをクリック

 

このページでShipping Policyを作っていきます。

 

 

Shipping Policyを作る

 

こちらの料金表を参照しながら進めていきます。

参照:郵便局 料金表(EMS:取り扱い国すべて)

 

 

今回は

EMS
重量 アジア オセアニア・北米・中米・中近東 ヨーロッパ 南米・アフリカ
500gまで 1,400円 2,000円 2,200円 2,400円

 

で作っていきます。

詳しい料金はEMSの場合はEMSの料金表を、eパケットの場合は国際eパケットの料金表を参照してください。

 

 

Policy nameを入力する

 

シッピングポリシーの名前を入力します。今回はEMS~500g”としますが、自分で分かりやすいタイトルでOKです!

 

Policy description(設定内容の説明)とSet as default shipping policy(いつも使うシッピングポリシーにするか)は空欄で大丈夫です。

 

 

Domestic shippingを入力する

 

Domestic shippingと言うのはアメリカへの配送です。

 

①Flat same cost to all buyers(すべてのバイヤーで同じ費用)

変更せず、このままで大丈夫です。

 

②Services(サービス)

Standard Shipping from outside US(1to5business days)を選択

 

③Cost(送料)

料金表を見るとアメリカまでは2000円かかり、現在(2017年8月28日)の為替が110円です。

アメリカまでの送料が2000円なので、送料・手数料含めて1割増しの20ドルとします。

 

④Handling time(発送までの日数)

ご自身で都合の良い日数を設定してください。

今回は2business daysに選択しました。

 

International shippingを入力する

 

<アジア>

 

①Flat same cost all buyers

 

②Ship to

Choose custom locationを選択

 

③Services

今回はEMSなのでStanderd International Shippingを選択

 

④Cost

アジアの送料1400円なので1割増しの14ドルとします。

 

⑤アジアにチェックを入れる

  • Asia
  • China
  • Japan

を選択する

 

⑥Offer addilional service

クリックして他の地域分の枠を増やす

 

<オセアニア・北米・中米・中近東>

 

⑦Ship to

Choose custom locationを選択

 

Services

今回はEMSなのでStanderd International Shippingを選択

 

Cost

送料2000円なので1割増しの20ドルとします。

 

⑩オセアニア・北米・中米・中近東にチェックを入れる
  • Canada
  • Mexico
  • Australia

を選択する

 

Offer addilional service

クリックして他の地域分の枠を増やす

 

<ヨーロッパ>

 

SHIP TO

Choose custom locationを選択

 

Services

今回はEMSなのでStanderd International Shippingを選択

 

Cost

送料2200円なので1割増しの22ドルとします。

 

⑮ヨーロッパにチェックを入れる
  • Russian Federation
  • Europe
  • United Kingdom
  • Germany
  • France

を選択する

 

⑯SHIP TO

Worldwideを選択

 

<その他の国>

 

⑰Services

今回はEMSなのでStanderd International Shippingを選択

 

Cost

送料2400円の1割増しの24ドルとします。

 

 

ここまでで地域別の送料設定は終了です!

 

 

かげとら
このままですとすべての国に発送しなくてはいけなくなってしまうので、除外国(販売しない国)の設定をしていきましょう!

 

 

Create exclusion list

 

除外国を設定しましょう!

 

 

Exclude shipping locations

①ご自身で決めている除外国を選択する

 

かげとら
かげとらは

  • Africa(アフリカ)
  • South America(南米)

を除外国に設定しています!

 

 

②Applyをクリック

 

 

[voic

Saveをクリック

このように作成したshipping policyが反映されていたら完成です!

 

 

かげとら
お疲れさまでした!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

Shipping policyを設定しておくことで、遠い国に売れても送料分損をしたと思わなくなります!

料金表を見ながらはじめに自分が送る重さの範囲で登録していくといいと思います。

一度作っておけば、配送会社の値上げや為替の大幅の変動がない限り一度作ったシッピングポリシーを何度も使い続けることが出来ます。

 

是非一度作ってみてください!

 

 

 

 


LINE@友達登録で無料特典プレゼント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kagetora

輸出ビジネスをスタートさせて、9ヶ月目で月収100万円を達成!! さらに14ヶ月目には月収200万を達成しました。 特に、英語力があるわけでもない転売初心者の僕が最短で利益を上げた理由を皆さまにお伝えしていきます!