ebayで再出品する際のRelistとSell similarの効果的な使い方

 

こんにちは!転売のプロを育てる専門家のかげとらです。
商品が売れ残った時、再出品の方法に2種類あるって知っていますか?

 

転売初心者
商品が出品期間を過ぎても売れなかった。再出品はどうしよう…。

 

かげとら
再出品の方法に2種類の方法があること、知ってる?

今回は商品を再出品する方法と、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

再出品する方法についての動画

 

 

かげとら
記事で見たい方はこのまま読み進めてください!

 

売れ残った商品の判断の仕方

一例として1週間売れ残った商品の一覧を見てみます。
以下の画面では7つの商品が売れ残っています。
ここで注目するのは、「Watches」の数になります。

Watchesがいる場合には、関心のある商品であったにも関わらず、何らかの理由で買わなかったということです。

Wachesがいるかどうかで、再出品の方法を変えていきましょう。

再出品の方法の判断

Watchesがついている商品は、Relistで再出品をします。

Relistで再出品をすると、ウォッチを付けて関心のあるバイヤーに再出品された連絡がメールで再出品の通知が行きます。

ただしデメリットとして、検索順位は新規出品より悪くなるため、くりかえししていると、どんどん上位表示がされなくなってしまい、新規バイヤーの目に留まらなくなってしまいます。

Sell Simillarで出品すると新規出品の扱いとなるので、Watchesがない商品はSell Simillarで出品して上位表示させるといいでしょう。

ポイント

Relistで再出品すると関心のあるバイヤーに連絡が行きますが、検索順位は下がります。関心がなかった商品は上位表示させるためにSell Simillarで出品しましょう。また再出品する際には、少し値段を下げたり、タイトルを変更してみることも検討してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

再出品の方法を変えることで、売れ残った商品を効果的にバイヤーに知らせることができます。

 

本格的に物販を行なっている方はぜひ試してみてください!

LINE@友達登録で無料特典プレゼント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です