PayPalのマーチャントレートを申請して手数料を安くしよう!

Paypalのマーチャントレートを申請して手数料を安くしよう!

 

こんにちは!転売のプロを育てる専門家のかげとらです。
ほとんどの方がPayPalを使用していると思いますが「マーチャントレート」を申請しているでしょうか?

 

転売初心者
「マーチャントレート」を申請するとどうなるの?

 

かげとら
30万円以上の売上があると決済手数料が安くなるよ!

 

今回はPaypalの「マーチャントレート」の申請についてを紹介します。

 

PayPalの「マーチャントレート」の申請についての動画

 

 

かげとら
記事で見たい方はこのまま読み進めてください!

 

マーチャントレートとは?

 

PayPalによる売上高に基づいて決定される決算手数料のことで、売上が多くなるほど手数料が安くなります。
マーチャントレートは事前申請が必要です。

申請条件

  • アカウントに問題がない(制限がかかっていない、未解決のチャージバックがないなど)
  • 前月(月初〜月末)の売上が30万円以上

 

決算手数料

月間の売上高 手数料
0~300,000円の場合 3.6%+40円(標準レート)
300,001~1,000,000円の場合 3.4%+40円
1,000,001~10,000,000円の場合 3.2%+40円
10,000,000円まで  2.9%+40円

新しくアカウントを作成した場合、最初は標準レートが適用されています。
売上が増えるにつれて2%づつ割引されていきます。

 

かげとら
2%とはいえど積み重なると大きな金額になるので、申請をオススメします!

 

申請方法は下記のサイトの「マーチャントレート利用を申請する」をクリックして登録をするだけです。
PayPalマーチャントレートの申請はこちら

ポイント

もし、ペイパルによる売上高が30万円未満になってしまったり、 未解決のチャージバックが発生した場合は、標準レートの(3.6%+40円/件)に戻ります。
標準レートに戻ってしまった場合でも、マーチャントレートを再度申請する必要はありませんのでご安心ください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
売上が30万円を超えてきましたら、マーチャントレートの申請をしましょう!

 

 

Paypalのマーチャントレートを申請して手数料を安くしよう!

LINE@友達登録で無料特典プレゼント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です